スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのう …



あんた分ってる? 

手術からまだ4日しか経ってないんだよ ( ̄Ω ̄;)??


想定外の回復の早さと、何も無かったかのような彼女のハイテンションに、

少々戸惑う飼い主。

帰宅するなり、オモチャを咥えて走り回り 「 遊べ! 」 とアピール。

ドタバタとはしゃぎ回る子を 「 傷開いて血でたらどうすんの! 」 なだめるのに必死。

ま、そんな言葉の意味は理解できないよね ― だよね ― ( ̄∀ ̄;)




クロス : っていうか、お腹すいた!
kurosu


そんな、キラキラした目で訴えたって … まだ夕ご飯には早いでしょうよ。


クロス : あぁあ ~  食べなきゃ元気出ないのになぁ ~
kurosu



・・・・・・ ものすっごい元気なくせに ( ̄Ω ̄;)



と思いつつも、クロスの 「 腹減ったオーラ 」 に負け、夕ご飯の準備。

「 よし! 」 と同時に、物凄い勢いでお皿をピッカピカにしたクロスさん。




クロス : ゴチでしたっ ♪
kurosu


つくづく、ワンコの回復力に感心 ◎

逆に、人間の弱さを実感 … 胃が痛いくらいで弱音はいてちゃダメだ (笑)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

クロスも復活したようですね。
ほんとに動物の回復力には驚かされます。
クロスは数日おとなしかったようですが、中には麻酔から覚めた瞬間、すくっと立ち上がり、その後ず~~~っとワンワン吠えまくりの子もいます(汗)。
お腹、痛くないんですかねえ。
人間やったら一週間ぐらいはベッドに釘付けですよね。
避妊手術などのように、病気以外でお腹を切った場合は、どんなに遅い子でも2~3日すると普通に戻るようです。
すごいもんです。

今回yuuさんが手術を受けた事を良かったと思って下さって、嬉しいです。
我々獣医は避妊、去勢手術さえしておけば防げたのにっていう病気を多々見ています。
動物は人間ほどは辛い様子を見せませんが、病気になれば彼らももちろんしんどい訳です。
そして病気での手術はリスクも高まるし、また治療費が跳ね上がります。避妊手術と同じ手法でやったとしても、手術費用が0一個多い場合だってあるんです。
防げる病気は防ごう。それは動物にも飼い主にもお財布にも優しいのです。
もちろん健康な体にメスを入れる事に抵抗があるのはわかります。
麻酔だって恐いですよね。
でも今は麻酔もすごく良くなってるし、今回の事でyuuさんもわかって頂けましたが、終わってしまうと意外に平気なんですよ。
なので、死んでも手術は嫌!という人以外は是非避妊、去勢手術を受けて欲しいです。

yuuさんにお願いがあります。
もしyuuさんの周りで、避妊、去勢手術を受けようか迷ってる方がいらしたら、今回の経験を話してあげて下さい。もちろん決めるのは飼い主さんですので、yuuさんが手術を勧める必要はないですが、経験談を聞くってすごく助かるんですよね。
我々も常に避妊、去勢は勧めますが、悲しいかな、中には「あそこの獣医は金儲けの為に手術をやれやれ言う。」って言いふらしたりする方もいるんですよ。
でもぶっちゃけて言うと、金儲けするなら避妊、去勢は勧めないです。後で病気になって手術する方が断然儲かりますからね。
しかも避妊、去勢手術というのは、健康な子に施すので、何事も無かったかのように帰さなくちゃいけないんですよ。
病気での手術なら、少しでも元気になってくれれば感謝されますが。
なので、実はものすごくプレッシャーがかかるんです。
おそらく本音を言えば、多くの獣医がやりたくないでしょうね。
それを金儲けとか言われると.....。
でも普通の飼い主さんが自身の経験を話されると、相手の方もすんなり受け止められるんですよね。

すいません、長くなってしまいました(汗)。
また遊びに来ますね~。

No title

☆ ゆに母さん

たしかに、避妊・去勢手術に関しては賛否両論ですね …
アタシもゆに母さんに出会う前までは、迷っていた飼い主の一人でしたから。
メス犬を飼うと決めた時から、漠然と 「 避妊手術はさせよう 」 と決めてはいました。 が、日々クロスと生活をしていくにつれ、情がうつればうつるほどに、健康な体にメスを入れる手術に対して、腰が引けていたのも事実です。

あの時、ゆに母さんに出会っていなければ、先延ばし先延ばしで結局は手術のタイミングを逃していたかもしれません。
… かといって、おそらく妊娠もさせずにいたと思います。
( もしチビクロが生まれたら、何匹であろうが絶対に手放したくないから。 でも、そんなの絶対に不可能ですしね (苦笑) )
そうやって、知らないうちに病気のリスクを高めてしまっていた可能性大です。


ただ …
飼い主の勝手で、クロスの子孫を断ち切ってしまった事に、多少なり申し訳ない気持ちがなかったわけではありません。 
ただの家庭犬ですが、彼女はとてもイイ犬だと自負しておりますから (^∀^*) 笑


けれども術後、キッパリ後悔はしてないです。
将来に後悔する方が嫌だし、何よりクロスが苦しむなんて絶対に嫌なので。


ゆに母さんのお願い承りました!
アタシも悩みましたから。 
だから、同じように手術を悩んでる方が身近にいれば、体験談をお話して少しでも判断の材料になれたらと思います ◎


つうか、人の気も知らないで 「 金儲けの為に ~ 」 なんて …  
デリカシーの無い人間は、必ずどこかに居るもんですねぇ … もぉほんっと ヤダヤダ ( ̄Д ̄メ)


1週間後の 「 抜糸ブログ 」 お楽しみにぃ ~!
どんなけクロスが病院嫌いになってるか見ものです! (爆笑)


再び

すいません。再び現れてしまいました(苦笑)。
あ、それとゆに母は元々手紙魔で、文章がどんどん長くなってしまう傾向があります(汗)。
うっとおしいかもしれませんが、時間があれば読んでやって下さい。

避妊、去勢手術というのは、犬を飼う者にとって永遠のテーマですね。
実は私も以前は別に健康な子に手術せんでも...と思っておりました。
以前といってもかなり昔で、私が初めて犬を飼った、中学生時代のことです(おお、いつの話?恐竜がいた頃かしらっ?!)。
当時はもちろん獣医学的知識なんて皆無ですし、なんとなくかわいそうなので、メス犬でしたが避妊はしませんでした。
発情時はオス犬がしつこくやって来て大変な事もありましたが(その頃は放し飼いの犬が多かったですしね)、それほど困ったこともなかったんです。
外飼いやったので、汚れも気にならなかったし。
しかし、彼女が8才の時、乳腺にしこりができました。
みるみる大きくなっていく様子に、さすがにまずいと感じ、病院へ。
手術で切除しました。
かなり大きくなっていたので、術後の傷が痛々しかったです。
これで一安心かと思いきや、11才の時に再発。
今度は貧血も伴っていたそうで、かなり大がかりな手術だったようです。この時私は大学に入って家を離れていたので、親からのまた聞きですけどね。
その後一年くらいして死んでしまいました。
当時は死亡原因はわかりませんでしたが、今症状などから推測すると、おそらく乳癌が肺に転移して亡くなったと思われます。

大学に入って勉強するうちに、犬の乳腺腫瘍は初回発情前に避妊するとかなり高い確率で防ぐことが出来ると知りました。
仕方なかったとはいえ、手術をしていればあの子にあんなに辛い思いをさせなくて済んだのに...と後悔しました。
それから私は避妊、去勢は行う派になりました。
そして臨床獣医として働くうちに、想像以上に生殖器疾患が多いことがわかり、その思いはより強くなったわけです。
これはあくまで私の体験談です。全ての未避妊、未去勢の子が病気になるとは限りませんが、やはり病気になった時のダメージは相当です。
そして、クロスの場合は発情時に偽妊娠の傾向(ぬいぐるみを子どものように扱ったりする。乳腺が張ったり、乳汁が出たりすることも)があるようなお話をされてたので、少し熱心めに手術をお勧めしました。
そういう傾向がある子は将来生殖器の病気になる率がかなり高いのです。
うちの病院でも、「×××ちゃん、やばそうですよねぇ」と言ってた子はほぼ病気になってますね。
自分でも恐ろしいぐらいの当確率だと思います。

避妊、去勢を勧めた時に、よく言われるのが「うちは自然にまかせたいから手術はしない。」。
うん、そのお気持ちはよくわかります。
でもですね、実は犬の祖先と言われているオオカミは、自然に避妊、去勢されてるんですよ。
彼らは群れを作ります。
そしてその群れにはアルファオスとアルファメスと呼ばれる、いわば男女のリーダーが存在します。
そして繁殖はそのリーダー間でしか許されない仕組みになっているんです。
つまりアルファ以外のオオカミたちは交配が出来ないんです。
すると自然にメスたちは発情が止まり、メスが発情しない分、オスも発情しなくなります。
たまに時期アルファを狙うオスが、アルファメスに交尾を挑んだりすることもあるようですが、まずアルファメスに拒絶されます。
そしてアルファオスにはぼっこぼこにされるんです。
ここでアルファオスが負けると、勝った方がリーダーになります。
オオカミの群れでは常に上の順位を狙うものがいるので、大変そうですよね。
以前旭川動物園のオオカミが一頭死んでしまう事故がありましたが、あれはアルファではないメスが発情してしまい、他のオオカミに殺されたのかもしれないということです。
そういうことを考えると、妊娠もさせないまま、ただ発情を繰り返すというのが、いかに犬にとって不自然な事かわかると思います。

じゃあどんどん子どもを生ませればいいのか。
もちろんそんなの無理ですよね。
一般の飼い主さんが繁殖させることに関しては私は相当強い意見を持っているのですが、ここで書くにはうっとおし過ぎるので、止めときます(苦笑)。

すいません、またまた長くなってしまいました(汗)。
では、クロスの抜糸報告、お待ちしてますね~。

No title

☆ゆに母さん

いやいや、マジで勉強になります。
幼い頃から動物が大好きで、親が揃えてくれた割と本格的な動物図鑑・虫図鑑・植物図鑑やらを愛読していました。
未だに、野生の動物たちの習性や本能に大変興味があります。

富山でゆに母さんからチラっと聞いたオオカミの話は、本当に興味津々で帰り masa に超興奮しながら教えました ☆
もっと詳しく知りたいと思ってたし、疑問もとけてスッキリです、ありがとうございます (^∀^*)!

あ、でも … もっと詳しく聞きたいトコがいっぱいあります。 ←非常にニアックな事 (笑)
一般の飼い主が繁殖させることに関しての意見もお聞かせ願いたい☆

ぜひ、次回はパドラー夫たちはほっといて、河原で飲みながらでも … (笑)


ゆにファミリーは、今月末の愛知には来られますか?
アタシは、クロス連れていく計画です◎
またお会いできる日を楽しみにしています (^∀^*)☆

No title

うっとおしいほど長い文を読んで頂いて、どうもありがとうございました(ぺこり)。

残念ながら愛知は仕事なので行けません(泣)。
御岳おじさんsの一員である夫はもちろん参加しますが。
ゆにとうちはお留守番です。

文字やと限界があるので、実際に会って、色々お話したいです。
次の機会を待ちますね。

No title

☆ゆに母さん

残念っ、お仕事なんですね (TΩT)
ゆに様にも会いたかった!

では、ゆにとゆに母さんの分も会場で、
ゆに父さんのレースをクロスと応援しまーす (^∀^)◎



リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。