スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかまた …



いつかまた逢える日までの、ちょっとしたお別れ。

LUCKY

そぅ思うと、心を締めつけるものが少しゆるみます。


先月、9月26日 ラッキー 13歳 永眠

LUCKY

あの日、いつものようにお父さんと散歩して、
朝ご飯もちゃんと食べれたんだってね。

LUCKY

でも、午後から体調崩したって。

あれからずっと治まってたのに、ガスが溜まって、
しんどかったね …

でも、お父さんがずっとさすってくれてたから、
少しは和らいだのかな …

LUCKY

お父さん、お母さん、妹、シンバ。
みんなが見守る中、静かに息を引き取ったって。

LUCKY

とても穏やかな優しい顔で眠った、ってお母さん言ってた。

LUCKY

出来る事なら、わたしもそこに居たかった。

LUCKY

9月28日 火葬

お見送り、行けなくてゴメンね。

本当は、飛んで行きたかった。
もぅ一度、撫でたかった。
抱きしめたかった。
チュウしたかった。

LUCKY

ありがとうって言いたかったな …。

LUCKY

9月28日 … わたしの誕生日。
人生の節目30歳。

今年の28日は、もぅひとつ特別な日でもありました。

そして、偶然に偶然が重なり、
亡くなってから2日後のこの日が、
ラッキーの葬儀にもなりました。

一生忘れないね。
誕生日が来るたび、毎年必ずラッキーを思い出す事ができる。

LUCKY

ラッキー、
ウチの家族になってくれて本当にありがとう。

幸せな思い出をたくさん、ありがとう。

可愛いラッキー。

LUCKY

長い間、離れて暮らしているから、
時間が経てば経つほど、
あの日に悪い夢を見ただけかのように、
ラッキーを亡くしたという実感が薄れていく。

今度、
実家に帰った時、
空っぽの小屋を見た時、
お出迎えの太い声が聞こえない時、
クロスがラッキーを探す時、
実感するんだろうな …


いつかまた逢える日まで、そこから見守っててね。

いつかまた、
家族みんなでお散歩に行こうね、ラッキー。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご冥福をお祈り申し上げます。

ラッキー、我が家のキャサが向こうで待っています。
仲良しになってあげてくださいね。

犬のうたの一説です

あぁ空見上げるとおまえが駆け抜ける 「ここにいるからね」と言ってる気がする
いつかこのうたを隣で歌う その日が来るまで

本当におまえは幸せだったかい? ボクは今でも会いたくて寂しいよ
数え切れない愛をありがとう いつの日にか同じ場所で 会えるから

本当におまえは幸せだったかい? ボクにはすべてが幸せな思い出
数え切れない愛をありがとう いつの日にか同じ場所へ それまでゆっくりおやすみ


いつか同じ場所で会える、きっと話もできる、また一緒に走ったり遊んだり。

No title

☆ しんさん

今頃、キャサ姉さんとめぐり会えているといいな …
お友達たくさんできて、自由に楽しんでるといいなって願ってます。

「犬のうた」、
キャサ姉さんの旅だった頃のしんさんのブログで初めて知り、
ユーチューブで度々聞いてました。

ラッキーが亡くなってからは、まだ聞けていません。

「本当におまえは幸せだったかい?」
これは、ワンコと言葉を交わせないだけに、
飼い主の永遠のテーマですね。

ワンコの寿命がもっと長ければ … と、つくづく思います。
十数年って、長いようで本当に限られた時間。

些細な事ですがクロスに、
もっとしてあげられる事がたくさんあるように思うし、
それをラッキーに改めて気付かされたようにも思います。

ワンコは、本当にいろんなこと教えてくれ、
与えてくれますね◎


温かいコメント、ありがとうございます。


リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。