スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京3日目(8月14日:後編)

「 カヤック女子 」の準決勝&決勝が、翌日の15時に延期になった事で、

アタシ達は、そのレースを応援することが出来なくなりました。

翌日の朝には、ホテルを出て空港に向かわなきゃいきなかったもんで …。

天候は、どうにもならないもんだしショウガナイ。

だけどまぁ、そりゃ凹みましたよ …(涙)


レース延期が決定し、ようやくゴタゴタから解放されたyurikoちゃんが観客席に来てくれました。

【 明日も、がんばってね(^^*)! 】

と、翌日の分まで応援の気持ちを伝え、会場をあとにしました。

いや~本当に、レース見たかった …。

pekin

その夜、masaを選手村から呼び出して、選手村付近で夕食をすることに◎

地元から一緒に行った応援団は、masaと幼稚園からの幼馴染ばかり!

羨ましいくらいの仲良しな男4人組みです(^^*)


会場からホテルに戻って、その足で選手村に向かいました。

もちろん、恐怖のタクシーで。


そしてこれまた、今までにないトラブル発生。

タクシーのオッチャンも道が分からないし、

そのうえ「 ここは、もう選手村の中だから、歩けば分るさ 」的な事で、タクシーを降ろされバイナラ…。

降りたは良いけど、【 ここは一体どこだよ … 】みたいな ( ̄× ̄;)

幸いにも、ホッケーの会場なんかがある街中で、インフォメーションなるコーナーもあったので、

なんとか助かった … と思いけりゃ …。



みんなでゾロゾロ歩いてると、日本語で喋りかけて来た、学生カップルの彼氏さん。

結構、日本語が喋られる様子!

「 選手村の【西口】に行きたいんだけど… 」と友達が事情を説明すると、

なんとデートを中断して、親切にバス停まで一緒に歩いて案内してくれたではないですか!

料金も、何個目のバス停で降りたらいいかも丁寧に教えてくれました(^^*)!

なんとイイ青年なんだ☆

困った人を助けた君には、きっとこの先イイ事があるよ!! 



で、言われた通りに行き着いたところは 【 東口 】。

え、真逆じゃね? …( ̄☆ ̄;)

えっとぉ … マレにみる親切な青年の、悪気の無い、単なるケアレスミスだと信じたいと思います。

決して、反○感情から来る嫌がらせでは無い事を …(笑)



masaを待たせること1時間以上。

ご、ごめんね …(苦笑)

で、やっと西口に辿りつき、グッタリしつつも無事に合流。

皆でmasaとハグしたのでした(笑)



入口には、でっかいテッポウを持った武装警官のような人たちが、物々しく警備してました。  怖い。

↓選手村のマンション。
pekin

ウロウロさ迷ってた時に見つけた、こ洒落たレストランに入ることに。

入ってから「 鍋物屋さん 」と知り、多少戸惑いもありましたが(笑)

お店のスタッフさんは英語ペラペラでした◎

鍋の具は、すべて細かいリストの中から選べます。

いっぱいあり過ぎて分からなかったので、お店のオススメを注文。


ラム肉と野菜、豆腐と麺が出てきました♪

pekin

そして、みんなでカンパーイっ♪♪

生ぬるいビールが、とても美味しく感じたのでした◎


ラム肉は、ゴマダレにつけて食べるんだけど、スープがいい味していたので、

タレは付けずに頂きました~ うん、美味っ(^^*)

ホテルの料理とは違って、とても地元(異国)の味がしたので、すっごく新鮮でした。

庶民に人気のある料理だそうです☆

汚れないように片手に手袋はめて、ラム肉をつかんで食べます。

熱いってば …(笑)

pekin

で、ラム肉も食べ終わったので、そろそろ麺を入れよう!

でもね、その麺はものすごく分厚くて短い。

変な麺だね、お餅みたいだわ。とか言って入れてると、

スタッフのお姉さんが、それを見つけて 「 oh no~っ(**;)!! 」。


その麺は、こういう事でした↓(笑)
pekin

あぁ、自分で伸ばさなきゃいけなかったのね!!(笑)

お姉さんに教えて貰いながら、麺伸ばしに挑戦したZOEさん◎


間違えてそのまま入れた分厚い麺も、長く伸ばした麺も美味しく頂きましたYO!(笑)

いろんなトラブルで、と~っても疲れたけど、とても長く楽しい夜でした (^ω^*)

宿泊したホテルが、もう少し街中にあったら、いろんなお店にチャレンジ出来たのになぁ~☆


美味しい料理をお腹いっぱい食べて、masaにも会えたし満足で帰りのタクシー探し◎

さすが選手村のご近所、タクシー乗り場があったので、すぐに乗れましたよ。

そして、今までにないワーゲンの高級仕様のタクシーではないですか!

北京を走るタクシーは、ほぼワーゲン。 

だから、特別乗り心地自体が悪いわけではないのですが …

この革張りで、静かなオートマ、安定したスピードとマナーのあるドライビングには参りました。

異国の夜中のタクシーで、【みんなで爆睡】です◎



え? うん、みんなですよ。 みんな。 

運転手もです。

高速道路を走行中、2回ほど大きく左に蛇行。

ぐらっ!と来るたびに目が覚め道路を見るも、何かを避けた気配ナシ。



ってか殺す気ですかっ! 運転手っ!!! アンタは寝るなっ!!!!



って、心の中で叫びつつ、夢うつつ … 相当、疲れてました(苦笑)

そして無事、何事もなくホテルに生還◎ 

ヨカッタ …生きてました◎


運転手さん、お疲れ様でした … 

疲れすぎて、怒る気にもなれんかったよ …(笑)



3日間、お友達と2人で、お世話になったこの部屋。

冷房がよく効くし、静かだし、なかなか良かったです◎

でも、冷蔵庫もドライヤーも無く、テレビ番組はいつつけても日本で言う「サスケ」ばかり …

毎日、掃除は入るけど、ベッドメイキングは超テキトー。

布団シーツは3日間交換ナシでした ・・・  

ま、自分が寝てたシーツだし別に平気なんだけどさ …(笑)

pekin

そして、シャワールーム。

この部屋は、お湯が10分以上待たないと出てこないシャワー。

シャワーを利用すると、傾斜が無いため、トイレや洗面台の床までビッチョンコ。

手がツリそうなくらい遠い位置にある、ペーパーホルダー。

固定されていないグラグラな便座。

全てが、日本で言う「 施工ミス 」ですが … ま、それも3日お世話になれば、ご愛嬌(笑)

pekin


どうも、お世話になりました~っ! 

ありがとうっ(^^*)zzzz




ってな感じで、最後の夜を満喫したのでした。

この日が一番、北京を満喫できたような気がする♪







しつこく、4日目(最終章)に続く☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
QRコード
QR
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。